整体院はこんなところ!特徴とできること、できないこと

NO IMAGE

整体院

整体院について

当サイトでは、整体院について紹介していきます。

現在の健康分野で、一番わかりにくいのが整体かもしれません。

国家資格なのか医療機関なのか、リラクゼーションなのか、それとも全く違うものなのか。

それらをできる範囲で定義していきたいと思います。

整体院とは?

医療機関ではない

整体院は医療機関ではありません。従って、ケガや病気の処置などは整体院では法律上行う事が出来ません。

ケガや急性の痛みは、病院や、整骨院、鍼灸院などの医療機関に行くと良いでしょう

国家資格者がいる事もある

国家資格者の中には、整体院としてやっている人もいます。

ただし、厚生労働省見解では、整体院を国家資格者がやっていると吹聴するのは、

広告上不公平だとの見解を示しています。※電話で確認しました。

なので、良心的な国家資格者は、整体院を営んでいても、過剰に国家資格者であることを

アピールしてきません。

いろんな治療が受けられる、それが整体院

整体には、細かい手技の規定がありません。

なので、色々な施術を各々がやっています。

聞いたことがあるものから聞いたことがないものまで、バラエティに飛びまくりです。

わかりにくいので、シンプルに整体と書いているところから、いろんな治療法の名前を書いている

ところまで様々です。

ではなぜこんなに自由なんでしょうか?

実は誰でも開ける

整体院は、誰でも開けます。

特に開設するために必要な資格もなく、国が認定する資格もありません。

別段必要な認定資格もないので、ここをご覧の皆さんも、明日から整体院の整体師として活動することも可能です。

それがいいかどうかはさておき、知識が無くても腕一本で稼いでいける世界ととれなくもないです。

その分医学知識の習得にばらつきがあります。

看板から、医学知識を有している人間かどうかを見極めるのは困難なので、

整体院に関しては、特に入るときの情報が重要と言えます。

誰でもできるということは、リスクもあります。

整体院っが抱えるリスク

それを示すように、非国家資格系の事故数で言うと、ダントツに多いのが整体による事故です。

リンクは消費者庁のデータです。

リラクゼーションは「心地よさ」では群を抜いていますが、もともと治療とは一線を画しているので、

整体に比べると半分くらいの件数になっています。

医療機関ではない分、技術、知識が十分でない人間でもできてしまう反面、このようにリスクもあるのが整体院です。

当サイトで整体院について知らせていく意義

整体院は、だれでも開ける反面、技術や知識が十分ではなくても出来てしまうので、手軽さとリスクを

同時に抱えている状態になります。

整体院のメリットもリスクもご理解いただいたうえで、良い治療を提供できる整体院を掲載していくことで、

身体のお悩みを抱えた皆様の、治療院選びの参考になれば幸いです。

 

整体のブログ記事はコチラ

整体院カテゴリの最新記事